忍者ブログ

日本のプロ野球について、プロ野球球団やプロ野球選手について書くブログです。

2017.12┃ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31
HOME[PR]四国アイランドリーグ愛媛マンダリンパイレーツ

[PR]

2017-12-12-Tue 20:59:29 │EDIT
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

愛媛マンダリンパイレーツ

2007-10-05-Fri 10:30:46 │EDIT
愛媛マンダリンパイレーツ(EHIME MANDARIN PIRATES)は、
2005年から始まった日本版のプロ野球独立リーグ・四国アイランドリーグに加盟するチームの一つ。

チーム名は当県で生産されるミカンの品種の一つマンダリンと、
当県出身の武将・村上水軍にちなみ海賊(=パイレーツ)をイメージしたもので、
本拠地は松山中央公園野球場(松山坊っちゃんスタジアム)を使用する。

2007年のシーズンからは経費削減のため、
サブグラウンドであるマドンナスタジアムでも公式戦を開催するようになった。

それ以外に、
四国中央市・新居浜市・西条市・西予市・今治市・大洲市・宇和島市・愛南町の球場でも試合が開催される。

チームカラーは橙色。

監督は初年度・2005年は西田真二が務めたが、
同年末の西田退任により、
コーチだった沖泰司が2代目監督に就任し、現在に至る。

1年目である2005年のシーズンはエースの西山道隆、
好打者の林真輝、中谷翼のドラフト候補を擁し、
前評判は高かったが、
首位争いに加わることなくチームは最下位に終わった。

優勝した高知ファイティングドッグスとの対戦成績は6勝19敗5分と大きく負け越し、高知の独走を許す要因になった。

その後2次ドラフト(育成選手用=いわゆる練習生ドラフト)で西山が福岡ソフトバンクホークス、
中谷も広島東洋カープに指名され、
練習生ながらも四国アイランドリーグメンバーとして実質初めてのプロ入りの切符を手にした(その後西山・中谷ともに支配下登録)。

2006年は前年の反省を踏まえ、
苦手としている高知に善戦した(高知との対戦成績は12勝15敗3分)。

2006年シーズン前半は、
沖新監督が掲げる守り勝つ野球がチーム内に浸透し、
ミスで自滅する試合が少なくなった。

また、4月に投手の浦川大輔や近平省悟の活躍で一時首位に立った。

しかし、その後は高知と香川の首位争いに割って入ることができず前期は3位に終わった。

2006年シーズン後半は前年首位打者の林が調子を上げ、
投手陣も踏ん張ったが、攻守とも好不調の波が激しく、
チームに勢いをつけることができず、後期も3位に終わった。
個人タイトルは林が56打点で打点王を獲得、
浦川は最多奪三振を獲得した。

チーム成績は振るわなかったが、
荒木康一や梶原有司など将来性のある選手が順調に伸びており、
来年以降が楽しみなチームである。


PR
ブログ内検索
Powered by 忍.jp Design by Alphaあるふぁ
Copyright © 2006 プロ野球 Some Rights Reserved.
http://probaseball.blog.shinobi.jp/%E5%9B%9B%E5%9B%BD%E3%82%A2%E3%82%A4%E3%83%A9%E3%83%B3%E3%83%89%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%82%B0/%E6%84%9B%E5%AA%9B%E3%83%9E%E3%83%B3%E3%83%80%E3%83%AA%E3%83%B3%E3%83%91%E3%82%A4%E3%83%AC%E3%83%BC%E3%83%84%20
忍者ブログ[PR]