忍者ブログ

日本のプロ野球について、プロ野球球団やプロ野球選手について書くブログです。

2017.12┃ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31
HOME北信越ベースボールチャレンジリーグの記事
2017-12-12-Tue 21:06:00 │EDIT
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2007-10-12-Fri 10:49:18 │EDIT
新潟アルビレックス・ベースボール・クラブ(Niigata Albirex Baseball Club)は、新潟県を本拠地としてプロ野球独立リーグ「北信越ベースボールチャレンジリーグ」に加盟するプロ野球チームである。

かつては「新潟に県民球団を創る会」として、新潟県を保護地域(フランチャイズ)にするプロ野球(NPB)チーム結成を目指していた。

2004年10月5日、新潟市内にて記者会見を実施し、サッカー・Jリーグのアルビレックス新潟の池田弘社長(現在は会長)らを発起人としてプロ野球チームの結成へ向けた同団体の準備組織の設立を発表した。チームは、2008年度に完成予定で建設を進めている新潟県立野球場(仮称)を本拠地とし、同球場の完成に合わせて日本野球機構に加盟申請を実施する方針で、チーム名もすでにサッカー、バスケットボール、チアリーディングチーム等で使用している「アルビレックス」を使用することを内定していた。

ところが、この直後の10月23日に起きた新潟県中越地震、あるいはその前7月の新潟水害の復興作業を優先するため新潟県の財政が厳しくなったことから、県立野球場の2008年度完成はもとより本格的な着工のメドが立たなくなったため、プロ野球チーム結成も不透明なところも多い。

このため、2005年1月に地元経済界や新潟県高等学校野球連盟、新潟県硬式野球連盟、新潟県野球連盟(軟式)の野球3団体を中心として「県立野球場建設促進委員会」が設立され、建設を進められるよう論議が重ねられ新潟県側に提案などをしている。また、2005年4月に野球場建設の署名活動が行われ、13万人の署名が集まった。

そして、2006年6月22日午前に新潟県の泉田裕彦知事が記者会見を開き、新潟県立野球場(仮称)を2006年度内に着工し、2009年までに完成させると発表した。これにより、新潟国体に間に合うことになり、なおかつプロ野球新球団結成に向けた土壌が整うことになる。

当初、2008年のオールスターを開催することが内定していたが、これにより開催返上。しかし、県立野球場建設のめどが立ったことを受けて、2006年7月に開かれた理事会で2010年の開催が内定した。

2006年8月1日、球団運営法人となる株式会社新潟アルビレックス・ベースボール・クラブが設立された。北信越を拠点とした独立リーグ「北信越ベースボールチャレンジリーグ」が2007年より開始される事から、このリーグに参戦する。初代監督は元読売ジャイアンツの後藤孝志。選手では昨年度日本文理高校で活躍した頓所などの地元選手も多数加入していることから、地域密着のチーム作りの期待が高まっている。



PR
2007-10-11-Thu 10:48:26 │EDIT
信濃グランセローズ(しなの-)は、長野県を本拠地としてプロ野球独立リーグ「北信越ベースボールチャレンジリーグ」に加盟するプロ野球チームである。

初代監督に元日本ハムファイターズの木田勇、同GMに今久留主成幸が就任した。主本拠は長野オリンピックスタジアム。

法人名: 株式会社 長野県民球団
球団代表: 三沢今朝治
球団名の由来: グランセローズ (Grandserows)は"Grand"(壮大な、気高い)と "serows"(カモシカ)の造語で、カモシカは長野県の県獣である。また令制国名の「信濃」を冠しているが、仮に“長野”とした場合、長野市など北信地方だけの球団というイメージが強くなる可能性があった。故に県内全体から幅広いサポートを得られるよう、敢えて旧国名を冠している。

2007-10-10-Wed 10:46:38 │EDIT
石川ミリオンスターズ(Isikawa Million Stars)は、
石川県を本拠地としてプロ野球独立リーグ「北信越ベースボールチャレンジリーグ」に加盟するプロ野球チームである。

初代監督に元西武ライオンズの金森栄治(石川県出身)が就任した。

マスコットキャラクターは「スタ坊」。

チーム名は同県を象徴する「加賀百万石」(百万=ミリオン・million)にちなんでいる。チームカラーは紺色(日本海の色)。
本拠地は定めていないが金沢市内の石川県立野球場、金沢市民野球場を主に使用する。それ以外でも加賀市・七尾市・珠洲市の球場で試合が開催される。
リーグ参加球団で唯一、ユニフォームの胸部は自球団名である(他球団はスポンサーロゴなどが入っている)。
2007年リーグ初年度開幕時のチームの選手編成については、地元枠入団選手が富山とともに少数にとどまっている。そのため「県出身にこだわりがなく、よりレベルの高い選手が集まっているから好成績を残している。」と言う意見や、逆に「他球団に比べて応援の盛り上がりに欠ける。」とも賛否両論である。

ブログ内検索
Powered by 忍.jp Design by Alphaあるふぁ
Copyright © 2006 プロ野球 Some Rights Reserved.
http://probaseball.blog.shinobi.jp/%E5%8C%97%E4%BF%A1%E8%B6%8A%E3%83%99%E3%83%BC%E3%82%B9%E3%83%9C%E3%83%BC%E3%83%AB%E3%83%81%E3%83%A3%E3%83%AC%E3%83%B3%E3%82%B8%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%82%B0/
忍者ブログ[PR]